アクチュアリーはこれからの企業で求められ収入も多い仕事

アクチュアリーとして華麗に転職

最近注目されている仕事に、「アクチュアリー」があります。アクチュアリーは「actuary」と書きますが、耳慣れない言葉ですね。アクチュアリーは日本語で言うと、「保険計理人」になります。「保険計理士」や「保険数理人」と言われることもあります。なんだか仕事人みたいなイメージですね。言い方がいろいろあると紛らわしいので、「アクチュアリー」という呼び方で統一されるようになっています。

ではアクチュアリーの仕事とは何でしょうか。保険数理人や保険計理士と言われても、一体何をする仕事なのか、今いちよくわかりません。アクチュアリーは統計学や確率論などを使ってビジネスにおける将来の支払いに対する準備金の計算をする仕事です。他にも複雑な仕事がありますが、簡単に言うと将来のリスクに備えて計算し企業が準備するための仕事ということになるでしょう。

アクチュアリーの誕生は保険業界だったと言われています。生命保険は将来の死亡する人数を年齢別に予測して、死亡保険金の積み立てをします。これを責任準備金と言いますが、保険会社は保険金を支払うための責任があり、それを準備するお金の計算をするわけです。責任準備金の計算は予定死亡利率を元に算出されます。「人が死ぬ予定がわかるのか?」と思う人がいるかも知れません。しかし、統計学で見ると人が死亡する率はある一定の率で算出されるのです。そういった計算をする仕事が、アクチュアリーです。

[オススメサイト]

効率良く転職活動したい!そんな方にはコチラ
エージェントで転職を成功させる

転職支援サービスの内容が知りたい!そんな方にはコチラ
転職サービスの紹介へ

アクチュアリーは他にも年金の支払いの計算もしています。また保険、年金以外にも決算の計算やリスクの分析や長期的な経営方針の策定なども関わっています。高度な技術が必要な仕事です。

アクチュアリーとして働く場所は、保険関係、年金関係などの会社があり、信託銀行や官公庁でも仕事をすることがあります。金融機関や官公庁で働くケースが多いため、収入が高い仕事になります。アクチュアリーの多くは年収750万円か〜1000万円を超える人までいます。まだ耳慣れないアクチュアリーという仕事。資格を持っている人が少ない今だからこそ、アクチュアリーとして華麗に転職してみませんか?企業にとっては頼りになる存在で社会的なステイタスもあり、高収入が得られるアクチュアリーは今後ますます注目されそうです。

アクチュアリーとして華麗に転職

アクチュアリーとは?

アクチュアリーは保険や年金の準備金の計算などをする

アクチュアリーとしての転職に必要なもの

アクチュアリーとして転職するには資格と責任感が必要

アクチュアリーとして華麗に転職アクチュアリーとは?アクチュアリーとしての転職に必要なものサイトマップ